悪臭対策 悪臭で悩んでいるあなたへ

[ニオイの相談室] 悪臭を対策する方法 ver201203-064
 悪臭・・・不快な臭いといっても様々なニオイがありますが、多くの不快なニオイの発生には共通のニオイ発生のメカニズムがあります。そのニオイが生まれる仕組みを知り悪臭対策の具体的方法をご紹介しています。
ニオイが生まれる仕組み1      ニオイが生まれる仕組み2     4大消臭方式     今まで消えなかったニオイに!

悪臭1     不快なニオイが生まれる仕組み1

不快なニオイをつくる犯人とは?
不快なニオイの多くは実は細菌がつくっています!例えば汗クサイとよく言いますが、実は汗は無臭なんです。お風呂で出る汗がクサイと感じたことはきっと無いと思います。汗は無臭だからです。しかしこの汗を栄養として細菌が繁殖するのです。そして細菌は繁殖する時ニオイ物質をつくり放出します。人間も食事をすれば便や尿を出すように細菌もニオイ物質を出すのです。不快なニオイの多くは細菌が作っているのです!

ちなみにたまねぎが腐ったニオイなども強烈な悪臭ですが、要はたまねぎを栄養として細菌がつくるニオイ物質がクサイのです。ですので細菌の栄養となるものによって強烈な悪臭になったり、軽い悪臭になったりと細菌の栄養や細菌自体の種類の組合せによりニオイも変化します。


悪臭2      不快なニオイが生まれる仕組み2

油が腐ったニオイ
さて細菌がつくるニオイが大半ですがもうひとつ不快な悪臭が発生するものがあります。それは油。天ぷらを思い浮かべてみて下さい。あげたてはいい香り。しかし翌日は?翌々日は?もう油が腐り重い不快なニオイになってしまいます。これを油が酸化したといいます。このように油が酸化したニオイもとても悪臭ですね。

悪臭3     4大消臭方式を知る!

4大消臭方式とは?
一般的に消臭する方法は4つあります。

1つ目はマスキング

別のニオイで悪臭を分からなくするもの!トイレの芳香剤のような方法ですね。かえって不快になることもあるので注意が必要です。

2つ目は物理学的消臭(吸着消臭)
ニオイとは小さいけど物質です。このニオイ物質が空中を浮遊し鼻に入るとニオイを感じます。空気などニオイ物質でないものは鼻に入ってもニオイを感じません。この吸着消臭とは浮遊するニオイ物質を物理的に閉じ込める方法。活性炭や竹炭などがこれにあたります。問題は飽和状態になったり環境条件により閉じ込められていたニオイ物質は再び空中を浮遊する可能性がある店です

3つ目は生物学的消臭
ニオイ物質をつくるのはほとんど細菌なのでこの細菌という生物にアプローチする消臭方式です。一番分かりやすいのは殺菌剤です。ニオイをつくる細菌を殺してしまおうというのも生物学的消臭の一種です。その他にバイオテクノロジーによるものやバクテリアによるものなどがあります。ただ一度発生したニオイ物質には全く消臭効果はありません。

4.つ目は反応式消臭
ニオイ物質には臭う形があります。これを分子レベルでにおわない形に変化させ無臭化する消臭方式。大容量のニオイ物質を短時間で消臭し二度と臭うこともありません。しかし特定のニオイ物質を消臭するのには優れているのですが、ニオイはほとんど複合臭で存在しています。様々なニオイ物質を一度に反応させることが難しいの欠点です。ただ中には消臭巣ペクトル(消臭可能なニオイ物質)が広い優れた反応式消臭剤もあるので最後にご紹介致しましょう!

悪臭4      今まで消えなかったニオイに!

どうしても消えなかったニオイに!
ご紹介する消臭剤は急速イオン消臭スプレーヌーラ。体臭といってもそのニオイ物質は多岐に渡ります。その大半の体臭に反応します。汗、ワキ(ガ)、足、加齢臭、生理臭など。また生ごみやタバコなど!それぞれ完全ではなくても大半を素早く無臭化するので消臭感があるのです。今までどうしても消えなかった悪臭があり困っているとしたら、一度試されてみてはいかがでしょう?急速イオン消臭スプレーヌーラ詳細は以下をクリックすると見られます!

急速イオン消臭スプレーヌーラ詳細サイトはこちら→

関連サイトリンク欄
Copyright 悪臭対策サイト All Rights Reserved.